金融・投資の気になる情報を集めました

金融・投資情報収集サイト

ビットコイン

ビットコインのサイドチェーン上でSTO、独規制当局が承認

投稿日:

Liquid Network上でのSTOを認可

欧州のデジタル資産マーケットプレイスSTOKRは17日、ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)が、ビデオゲーム企業Exordium社のEXOeuトークンについて、セキュリティートークンオファリング(STO)を承認したことを発表した。

BaFinは、イーサリアム(ETH)ネットワーク上でのSTOは以前にも承認していたが、ビットコイン(BTC)サイドチェーン上でのSTOを認可するのは初の事例となる。

STOとは

STO(Security Token Offering)の略称、株や社債など有価証券機能を付与したトークンをブロックチェーン上で発行すること。そもそも有価証券とは「法律上における一定の財産権利や義務に関する記載がされた証書」を指しており、その種類は株式や債券以外にも為替手形や小切手、不動産など様々である。STOはこうした株式や債券などの上場取引、さらにはクラウドファンディングに次ぐ新たな資金調達手法として、投資機会を探る投資家の双方から期待されている。

▶️仮想通貨用語集

EXOeuトークンは、ビットコインのサイドチェーンであるLiquid Network上で発行されている。Liquid Networkは、ビットコインのメインチェーンよりも高速で機密性(プライバシー)の高い取引を行うために設計されたもので、デジタル証券の発行や譲渡にも最適とされている。

EXOeuトークンとは

多人数同時参加型オンラインゲーム「Infinite Fleet」で知られるExordium社は、1月からSTOKR上でSTOを開催し、これまでに730万ドル(約8億円)以上を調達してきた。

ドイツからはこれまで参加できなかったが、今回の承認により、ドイツの個人投資家も、最低投資額100ドル(約11,000円)から、STOKRプラットフォームを通してEXOeuトークンを購入できるようになった。

なお、EXOeuトークンは仮想通貨ではなく、法的に「譲渡可能証券」とみなされている。ブロックチェーン上で、所有権の証明が記録され、発行、取引される金融商品という形だ。

Exordium Limitedまたはその関連会社が発行するEXOeuトークンは、Exordium社の利益からコストを差し引いた額の20%を受け取る権利を持ち主に与える。

ビットコインサイドチェーンの可能性

STOKRの共同設立者であるTobias Seidl氏は、次のようにコメントした。

Exordium社のSTOをドイツが承認したことは、国境を超えたブロックチェーンベースの証券発行について、新しい時代の始まりを告げるものだ。

私達は、ビットコインが、ブロックチェーン上に構築される将来の資本市場の基礎になると考えている。

また、Infinite Fleetの開発者であるSamson Mow氏(BlockstreamのCSO)も、ビットコインのサイドチェーンであるLiquid Networkの可能性について次のように言及した。

ドイツの規制当局が、法的に規制されたセキュリティトークンを提供する上でのLiquid Networkの可能性を認めてくれて嬉しい。今後もLiquid Networkがデジタル証券を支えていくのが楽しみだ。

Liquid Networkを開発したのは、ブロックチェーン技術企業Blockstream社だ。

参考資料:https://coinpost.jp/?p=277787 

●セミナー動画
https://youtube.com/channel/UC-IosOkFKsa6tyfj2JjWgrQ

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/


Source: 仮想通貨情報局

-ビットコイン

Copyright© 金融・投資情報収集サイト , 2021 AllRights Reserved.